コピー機のサイズを十分に検討しよう

コピー機16

日々の事務業務を行うためにはコピー機は欠かせない存在です。行政機関や企業、医療機関などその業種を問わず、どこでもコピー機はなくてはならないアイテムとなっています。そんなコピー機も近年は様々な機種が販売されています。

コピー機はそれなりの大きさになり場所を取る関係から、そのサイズは非常に重要な要素となります。幸い様々なサイズのコピー機もありますので、その中から最適なものを選びましょう。

コピー機が欠かせない理由

事務業務にとって欠かせないアイテムとなったコピー機。近年は企業の多角的な経営により事務業務が増加してきています。このためコピー機を利用する機会が以前にも増してきています。こうした状況を受けてコピー機を扱うメーカーでは様々な性能を有したコピー機を展開しています。

高速で印刷するコピー機やホッチキス止めも対応できるコピー機、高精細なカラーコピーができるコピー機など、実に豊富な種類があります。

様々なサイズを展開するコピー機

そんな中で最近、コピー機を導入する企業が重要視する要素がそのサイズです。関連リンク:OAランド - コピー機

いくら良いコピー機であっても場所に収まらなければ意味がありません。そのためサイズが非常に重要な要素となっています。コピー機はそれなりの大きさになるため、設置場所もある程度確保する必要があります。しかし多くの場合、企業の事務室は狭い空間であることが多く、その設置場所に苦慮する企業も少なくありません。

このためできるだけコンパクトでなおかつ高性能なコピー機を求める企業が増えています。こうしたニーズに応えるべく、最近では様々なサイズのコピー機が販売されるようになっています。最低限の機能が備わった小さなコピー機から、本格的なコピーが可能な大型のコピー機までサイズも豊富にあります。

中には個々の企業の要望に応じてコピー機をカスタマイズして、その企業向けにアレンジしたコピー機を販売するメーカーもあります。いずれにせよコピー機のサイズはコピー機を選ぶに当たって非常に重要な要素となっています。

標準的なサイズでオススメのコピー機

一般的なオフィス向けでオススメのコピー機はcanonのimageRUNNER ADVANCE C2220Fです。

サイズは幅565mm、奥行き680mm、高さが928mmとコンパクトにまとまっている省スペース設計なので、小さいオフィスでも設置することができるのが特徴です。また操作性にも優れており、非常に使いやすいという点でも人気のある機種と言えます。

コピー機能のほか、パソコンからのデータ印刷やFAX、スキャンといった機能もあります。さらにパソコンに接続することでコピー出力枚数を制限したりアクセス管理・制御が可能とするなど、マネジメントにも利用することができます。

卓上タイプでオススメのコピー機

コンパクトなサイズなら卓上タイプのcanon MF8380Cdwです。

サイズは幅が430mm、奥行きが484mm、高さが479mmですので、机の上に設置することができ、SOHOの事務所にも最適です。印刷速度はモノクロ・カラーともに1分につき20枚というスピードで、しかも両面対応という高い性能を有しています。

もちろんコピーのほかFAXやプリンタ、スキャナ、ネットワーク機能を搭載されていますので、非常に魅力的なコピー機と言えます。

このほかオーダーメイドのコピー機もあります。

現在販売されているコピー機では適当なサイズが無いという場合には、オーダーメイドで対応する方法があります。これは販売店の担当者が実際に設置場所へ赴き、適切なサイズを検討するとともに、企業担当者とその性能についてヒアリングを行った上で、メーカーにカスタマイズさせるというものです。

オーダーメイドの場合には時間や費用がかかるといったデメリットはありますが設置場所に最適なコピー機が導入でき、ストレス無く利用することができると言う点でこちらも人気があります。

導入するに当たって注意すること

コピー機の導入に当たって注意すべき点があります。それはコピー機の「コピー受け」や「原稿受け」といった引き出しのサイズも必ず考慮しておく必要があるという点です。カタログなどに記載されているサイズがこれらの引き出しのサイズが含まれている数値となっているかどうかを確認しておきましょう。

これらを確認せずに導入してみたら、引き出しが収まらなかったと言ったケースが非常に多く見かけられます。「コピー受け」や「原稿受け」はコピー機には必要不可欠な引き出しとなりますので、この引き出し分にかかるサイズも考慮するようにして下さい。

【スマホのデータをwifi機能で簡単印刷】セブンイレブンのコピー機がすごい!

安く導入するコツ

コピー機というと非常に高価というイメージがあります。コンパクトなコピー機でも高機能なものであればやはりそれなりの価格となるのは事実です。経費節減に日々取り組む企業にとっては、少しでも安く導入したいものです。

コピー機を導入する方法としては一般的に販売店から導入する方法が多いですが、より安く導入するためにはネット販売を活用する方法があります。インターネットではコピー機を販売するサイトが多くあります。こうしたサイトでは人件費などのコストがかからないため一般の販売価格よりも安価となっています。

しかも条件によっては送料や即日納品が可能な場合もありますので、そうした点も魅力と言えます。最近は写真付で詳細に商品を紹介しているサイトもあり、一般の店舗で探すような感じで買い物をすることができます。また中古でも問題なければオークションから購入する方法も有効な方法と言えます。

オークションでは驚くほどの低価格で提供しているものもありますので、思わぬ掘り出し物が見つかる可能性が大です。このほか購入ではなく、リースやレンタルで購入するといった方法もあります。これらの方法は購入に比べて初期費用が抑えられる上、費用計上が認められるため固定資産税の節約ができるというメリットもあります。

耐用年数について

ちなみにコピー機の耐用年数については一般的には5年程度とされています。しかしサイズが小さいものになりますとこれよりもやや寿命が短くなる傾向にあります。コピー機はパソコンと同様、その機能は日進月歩しています。

導入する際にはそのあたりも十分に考慮して、最適なコピー機を導入することが重要となります。また最初は小さめのサイズを導入して様子を見ておいて、適切な時期においてワンランク上のコピー機を導入するといった戦略も「あり」と言えます。

いずれにせよコピー機の導入に当たっては、中長期的な視点に立って検討しておくことが重要です。